安全と味覚にこだわった養殖魚や稚魚を販売するアーマリン近大
アーマリン近大は、近畿大学が手塩にかけて養殖したおいしい魚を皆様にご提供します
プラシバシーポリシー サイトマップ
ホーム 稚魚の販売 成魚の販売 生産施設 ショッピング お知らせ お問い合わせ 会社概要
ホーム > 会社概要

本社所在地
大阪事務所
会社概要
株式会社アーマリン近大は、新事業創出促進法の一部改正による最低資本金規制特例制度を利用し、60年あまりの歴史をもつ近畿大学水産研究所が独自の水産養殖技術により、卵から成魚まで一環した管理体制と、薬に頼らないストレスフリーな環境により育てられた優良な魚を、「安全」で「安心」さらに「美味しさの探求」にこだわった魚として広く消費者に販売することを目的に設立しました。

「アーマリン近大」とはアルファベットの最初の文字であり、常に水産増養殖の分野で先頭を行く開拓者であるという決意と、安全・安心の頭文字であるA(アー)、海を意味する(マリン)、近畿大学の略称である(近大)を組み合わせたものです。


商号
株式会社アーマリン近大
設立
平成15年2月19日
資本金
5,250万円
事業内容
区画漁業権漁場における養殖事業
マダイ、クロマグロ等の養殖用種苗および成魚、「近大本くえ鍋セット」や「近大キャビア」等の加工品販売
「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所(大阪店/銀座店)」の経営
代表取締役社長
逵 浩康(つじ ひろやす)


沿革
2003年02月
近畿大学のベンチャー企業として株式会社アーマリン近大を設立。当初資本金は5万円。近畿大学水産研究所 熊井 英水教授により、新事業創出促進法の最低資本金規制特例による認可・和歌山県法務局田辺支局第1号として設立。
2004年09月
完全養殖クロマグロを初出荷。
2006年03月
「近大マグロ」「近大マダイ」「近大クエ」の商標登録を取得。
2007年01月
新株発行につき資本金1,000万円に増資。
2007年02月
米国に近大マグロを初出荷。
2007年12月
養殖用クロマグロ稚魚1500尾を初出荷。
2010年09月
近畿大学が豊田通商(株)とのクロマグロ完全養殖事業で技術協力提携を開始。
2013年02月
新株発行により資本金5,250万円に増資。
2013年04月
大阪市北区のグランフロント大阪に国内初の養殖魚専門料理店「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所大阪店」を開店。
2013年12月
東京都中央区の銀座コリドー通りに養殖魚専門料理店の2号店となる「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所銀座店」を開店。
2014年02月
「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所大阪店」で来店社数が10万人を突破。記念セレモニーを開催。
2014年07月
近畿大学が豊田通商(株)との水産養殖事業推進に関する覚書を締結。
2015年02月
「近大ブリ」の商標登録を取得。

ページトップ
株式会社アーマリン近大