安全と味覚にこだわった養殖魚や稚魚を販売するアーマリン近大
アーマリン近大は、近畿大学が手塩にかけて養殖したおいしい魚を皆様にご提供します
プラシバシーポリシー サイトマップ
ホーム 稚魚の販売 成魚の販売 生産施設 ショッピング お知らせ お問い合わせ 会社概要
ホーム > 稚魚の販売 > 稚魚の概略
稚魚の販売
稚魚の概略
販売魚種のご紹介
主な販売先
稚魚の販売TOPに戻る
稚魚の概略


(株)アーマリン近大は、日本各地の養殖業者の方々に優れた稚魚を出荷し、水産養殖業界の発展を目指しています。

それらはいずれも近畿大学と当社が生産した人工種苗で、マダイ、シマアジ、トラフグ、さらにはクロマグロやクエなど多種にわたり、マダイは国内養殖尾数の約25%、シマアジでは約70%のシェアに達し、出荷先から高い評価をいただいています。

また現在は、ほぼ太平洋沿岸で捕獲された稚魚を用いて養殖されているブリやカンパチなどの販売も本格的に開始しております。


卵

親魚から産まれた卵(直径1mm程度)は、水槽の海水中で漂いながら概ね2〜3日ほどかけてふ化します。


初期飼育

ふ化した稚魚は3mm程で、餌を食べるようになるまでに2日程かかります。
その後は、陸上の水槽で1ヵ月余りプランクトンを食べて成長し、2〜3cmの大きさに育ちます。
(この頃になると、今までの水槽では狭くなり、もっと大きな場所が必要になってきます。)


中間育成

ほとんどの魚は陸上の水槽から海面の生簀に場所を移して飼育されます。
中間育成の始まりです。
この間は魚の成長にあわせて人工配合飼料を給餌し、生簀が過密にならないように、グループを分割し調整します。


選別

中間育成を終えた稚魚たちは、1尾ずつ大きさや形、健康状態などのチェックを受け、合格したものだけを出荷に備えます。


各地に出荷-未来(つぎ)の海へ

出荷できるようになった稚魚たちは、大型の活魚船などで各地の養殖場に運ばれて行きます。

そして未来(つぎ)の海=養殖業者の方々に大切に育てられ、各地のブランド魚として市場に出荷されます。


各地に出荷-未来(つぎ)の海へ


各地に出荷-未来(つぎ)の海へ

ページトップ
株式会社アーマリン近大