安全と味覚にこだわった養殖魚や稚魚を販売するアーマリン近大
アーマリン近大は、近畿大学が手塩にかけて養殖したおいしい魚を皆様にご提供します
プラシバシーポリシー サイトマップ
ホーム 稚魚の販売 成魚の販売 生産施設 ショッピング お知らせ お問い合わせ 会社概要
ホーム > 養殖魚の販売 > 販売魚種のご紹介
成魚の販売
成魚の概略
販売魚種のご紹介
主な販売店舗
成魚の販売TOPに戻る
販売魚種のご紹介
印は近畿大学が世界で初めて人工ふ化に成功した魚種です。

近大マグロ®
海のダイヤと言われるクロマグロ。マグロは世界の食材として需要が多様化し、今や日本食だけに留まりません。脂がよく乗っていて身色が鮮やかな近大マグロは多くの方々からご好評をいただいております。詳細を見る


近大マダイ®
近畿大学独自の40年に亘る品種改良により、色・姿・味ともに優秀な近大マダイ。多くのデパートや量販店、ホテルなどからお引き合いを頂いております。飼料にごま油やハーブなどを加えて、さっぱりとして美味しく仕上がるよう工夫しています。また、近大マダイの稚魚は全国の養殖用種苗としても出荷されており、養殖業者の方々に大切に育てられご当地ブランド真鯛として市場にお目見えします。詳細を見る


シマアジ
シマアジは、刺身・鮨ネタ・塩焼きなどに使われる高級魚で、濃厚な旨みがあります。低密度飼育で運動量を確保し、また飼料にハーブを加えて養殖魚だからといって脂臭くならないように仕上げています。シマアジの稚魚も近大マダイと同じように全国の養殖用種苗として広く使われています。詳細を見る


近大クエ®
近大クエは紀州で生まれ、温暖な鹿児島県奄美大島で育てられ、その後白浜に戻り出荷の時を待ちます。上品な味で幻の魚と称され、「クエを食ったら他の魚は食えん」と言われるほどです。くえ鍋はもちろんのこと、薄造りや唐揚げ、煮付けにもおすすめです。期間限定で販売される「近大本くえ鍋セット」は毎年の売れ筋商品です。(※現在在庫が少ないため、ご新規のお取引はお断りさせていただいております。誠に申し訳ございませんが、ご了承願います。)詳細を見る


カンパチ
漢字を「間八」と書き、頭部にある左右対称に斜めに走る暗褐色の線が、正面から見ると「八」の字に見えます。身質がきめ細かく、ほどよい脂がのっていて刺身に向いています。温暖な海域を好み、和歌山の南紀白浜と鹿児島の奄美大島の漁場で養殖しています。詳細を見る


近大ブリ®
ブリは古くから伝統行事で使われるなど日本人の生活に浸透している魚です。刺身はもちろん、照り焼きやぶり大根でおなじみの魚ですが、昆布だしでしゃぶしゃぶにして食べても美味しいです。アーマリン近大のブリは天然の稚魚からの養殖ではなく、卵からの飼育履歴が明確な人工生産の稚魚からの養殖魚です。詳細を見る


ヒラメ
透き通った身が美しく、白身魚の代表格として古くから人気があり、様々な調理法でご賞味いただけます。ヒレを動かす筋肉のエンガワは特に美味です。近年ヒラメの刺身による食中毒が報じられていますが、事前チェック体制の充実により安心・安全に召し上がっていただけます。詳細を見る


トラフグ
ふぐの主役であるトラフグは、淡白ながら旨みがあり、刺身や鍋物として人気があります。また、ヒレ酒に珍重される美しい尾ヒレや、クリーミィな白子も絶品です。詳細を見る


イシダイ
釣り人からは「磯の王者」と呼ばれ、人気の高い魚です。強い歯と顎をもっており、天然ではウニやフジツボなどを好んで食べます。以前は天然の稚魚からの養殖が行われていましたが、最近では少なくなりました。白身で刺身も美味しいですが、煮付けや鍋物にも向いています。詳細を見る


イサキ
味が良く、一人前の姿造り用や、唐揚げ・塩焼き・煮付けなど1年を通してお楽しみいただけます。卵から約2年育てて卒業(出荷)となります。(※弊社が販売しているイサキは中国沿海に生息している系群で、日本近海で生息しているイサキとは若干異なりますが、近畿大学では1999年(平成11年)から継代飼育している完全養殖魚です。)詳細を見る


エゾアワビ
清純な富山湾の海水で飼育されたエゾアワビ。成長のペースは1年にわずか2センチ。大きいものならお刺身、素焼き、ステーキに、小さいものなら刻んであわび飯などにして美味しくいただけます。天然ほど大きくありませんが、小さくても立派なアワビです。詳細を見る


チョウザメ(キャビア)
近畿大学水産研究所新宮実験場では、1995年(平成7年)からベステル種を飼育しています。豊かな大自然の中でじっくり育てた結果、13年目にあたる2008年(平成20年)に、初めて抱卵しました。キャビアに加工したところ、ご好評をいただき、毎年数量限定で販売しております。詳細を見る

ページトップ
株式会社アーマリン近大